MENU

ヘアビューザー3Dなんてない?最新ドライヤーはレプロナイザー3Dplus!

ヘアビューザー3D

 

 

髪の毛を作り変えて美しくする技術「バイオプログラミング」を搭載しているのはリュミエリーナ社のドライヤーだけ。

 

そんなリュミエリーナのドライヤーといえば「ヘアビューザー」シリーズですよね。

 

初代のヘアビューザー・ヘアビューザー2・ヘアビューザー2D plusと、どんどん進化した製品が発売されていますが、また進化版が発売されたんです。

 

 

「その名はヘアビューザー3D!?」

 

 

いえいえ、違います!

 

実はリュミエリーナから新しく出たドライヤーは名前が変わったんです。

 

もちろん名前が変わっただけではなく、髪の毛サラサラ効果も強くなっているんですよ!

 

 

 

 

最新ドライヤーはレプロナイザー3D plus!

ヘアビューザー3D

 

 

リュミエリーナから発売された最新ドライヤーの名前は「レプロナイザー3D plus」です。

 

バイオプログラミング技術を搭載したドライヤーには「ヘアビューザー」という名前がついていましたが、アメリカ・ヨーロッパなどでの販売を本格的に展開していくにあたり今後は「レプロナイザー」という名称で統一することになったそうです。

 

それに伴いヘアビューザーシリーズは生産終了となりました。

 

変わったのは名前だけではありませんので、ひとつ前の機種「ヘアビューザー2D plus」との主な違いをご紹介します。

 

 

バイオプログラミング効果の違い

リュミエリーナのドライヤーの最大の特徴は独自の技術「バイオプログラミング」ですよね。

 

リュミエリーナのドライヤーには特殊なセラミックスが搭載されています。

 

このセラミックスから発せられる遠赤外線はその波長の組み合わせが複雑にプログラミングされていているんです。

 

この複雑にプログラミングされた遠赤外線は細胞を活性化させることができるため、リュミエリーナのドライヤーは使えば使うほど髪の毛を活性化させ髪本来の健康な状態に近づけてくれるんです。

 

このバイオプログラミング効果は新製品が出るたびに進化していて、新しいものほど効果は高くなっています。

 

つまり最新機種であるレプロナイザー3D plusが一番髪の毛を美しくしてくれるということなんですね!

 

 

カラー

ひとつ前の機種ヘアビューザー2D plusは本体の色がグレーでした。

 

正直「業務用!」という感じで家の洗面台にはなじまないカラーでしたが、今回はホワイトに変更になっています。

 

ちょっとした変化ですが、かなり女性受けする色味だと思います。

 

 

サイズと重さ

最新機種の奥行きが約1cm大きく、重さは約20g重くなっていますが、正直ほとんど分からない程度です。

 

 

風量 

風量がアップしているため、より早く髪を乾かすことができるようになっています。

 

 

保証期間がより長くなった

家庭用として使用した場合、保証期間は

 

 

  • ヘアビューザー 1年間
  • レプロナイザー 1年6ヶ月間

 

 

となり、レプロナイザーの方が半年も長くなりました。

 

どちらのドライヤーも本来は業務用で、購入当初に付いてくる保証は6ヶ月となります。

 

この保証期間を家庭用の保証期間に延長する場合はメーカーに申請する必要があります。

 

ヘアビューザーの場合ハガキでしか申請が行なえませんでしたが、レプロナイザーは公式サイトからの申請も可能となりました。

 

 

価格の違い

ヘアビューザー2D plusの価格は35640円(税込)なのに対し、レプロナイザーは41040円(税込)とその差5400円。

 

最大の特徴であるバイオプログラミング効果がアップしているので、このお値段の差は仕方ないかもしれませんが、どちらにしても国内最高級ドライヤーのひとつですね。

 

 

 

ヘアビューザーとの主な違いは以上です。

 

リュミエリーナの最新機種は「ヘアビューザー3D」ではありません!「レプロナイザー3D plus」です!

 

レプロナイザーはネットでも購入することができますが、人気商品のため偽物が出回っている可能性がありますので、ネットを利用する際は必ずメーカーが認証する「正規販売サイト」で購入してくださいね。

 

 

 

 

 

 

このページの先頭へ