MENU

ヘアビューザー2DPlusのメリット&デメリットを調べてみた!?

ヘアビューザー2Dプラス,デメリット

 

 

独自の技術 「バイオプログラミング」によって乾かすだけで髪の毛をサラサラのしっとりにしてくれると話題の「ヘアビューザー2D Plus」ですが、ホントのところってどうなんでしょう?

 

口コミを見ているとかなり高評価のようですが、全ての人が大満足するドライヤーなんてあるわけないんですから、メリットもあればデメリットがあるのも当然です。

 

せっかく購入するなら、やっぱりメリット・デメリット両方を知っておくべきだと思うんです。いくつかメリット&デメリットを挙げてみましたので購入を迷われている方は参考にしてみてください!

 

 

 

 

ヘアビューザー2DPlusのデメリット?

ヘアビューザー2Dプラス,デメリット

 

 

「本体が重い&かさばる」

一般的な家庭用のドライヤーは400〜600gのものが多く、600gを超えると重い部類に入ると言われています。

 

ヘアビューザー2DPlusはノズルの部分を除いても700gを超える重さ。プロ専用の商品ですし、効果も考えれば仕方がないかもしれませんが、「毎日使うものだからなるべく軽いものが良い」という方には購入のネックになるかもしれません。

 

また家庭用のドライヤーは折りたためてコンパクトにできるものが多いですが、ヘアビューザー2DPlusは折りたためません。旅行にも持っていきたいという方には不向きと言えます。

 

 

「高い」

ヘアビューザー2DPlusは美容室などで使用する業務用ですから、一般的なドライヤーよりも長時間の仕様を想定して作られています。

 

しかも独自の技術と特殊セラミックスを搭載しているため、値段は当然家庭用のドライヤーよりも高額になります。

 

髪の毛のうねりやパサつきが気になる方が、「美容室でトリートメントをしたり、ストレートパーマをあてたりすることを思えば安い」と購入する事が多いようですが、やはりドライヤーにこのお値段は・・・と躊躇してしまいますね。

 

 

「実店舗が少ない」

ヘアビューザー2DPlusはプロ専用のドライヤーなので、一般的な家電量販店では見かけません。

 

直営店は2店舗のみ、取り扱っている百貨店もあるようですが数は限定されます。現在のところ主な購入場所はネット通販となります。

 

ヘアビューザー2DPlusはご存知の通り、ドライヤーにしてはかなり高額な商品。やはり高額なだけに「実際に使ってみて効果や使い心地・使いやすさなどを試してから購入したい」と思う方には実店舗での販売が少ないというのはデメリットになりますね。

 

 

 

 

ヘアビューザー2DPlusのメリット?

ヘアビューザー2Dプラス,デメリット

 

 

「乾かすだけで髪の毛がサラサラになる!」

カラーリングやパーマを繰り返した髪の毛はスカスカのパサパサ。手ぐしも通らない場合は、もうアウトバストリートメントなどに頼るしかないですよね。

 

ヘアビューザー2DPlusの場合、ドライヤーから出る特殊な風によって美しい髪の毛に作り変えてくれるため、トリートメントやヘアオイルなどの力を借りる必要はありません。

 

確かにヘアビューザー2DPlusはドライヤーにしてはかなり高額な商品です。

 

でも自宅用のトリートメント代・美容室でのスペシャルケアなど、傷んだ髪の毛のお手入れ代ってけっこうかかりますよね。

 

そういったヘアケア商品代もかからずにただ乾かすだけで髪の毛がサラサラになるって、かなりのメリットになるのではないでしょうか?

 

 

「ドライヤーなのに美顔器にもなる!」

実はヘアビューザー2DPlusから出る特殊な風を顔に当てることによって「リフトアップ効果」も期待できるんです。

 

つまりドライヤーだけでなく美顔器としても利用できるということ!

 

美顔器って最初は一生懸命使うんですが、段々と面倒になってきますね・・・ヘアビューザー2DPlusだと毎日髪を乾かすついでに使えるので、三日坊主にならなくてすみます。

 

髪もお肌も年齢が現れやすい場所。一つの製品で両方ケアできるのは大きなメリットになりますよね。

 

 

 

メリット&デメリットはどんな商品にも必ずあるもの。

 

メリットとデメリットを比べてみて、

 

 

「重たいけど髪の毛サラサラになるなら・・・」

 

「高いけどヘアケア製品をずっと買うことを考えれば・・・」

 

「毎日髪もお肌もケアできるなら・・・」

 

 

と納得できるようなら、絶対に使いたい商品ではありますよね。

 

 

 

 

このページの先頭へ